俳優・シンガーソングライター京本政樹ファンサイト

「翔んで埼玉」初日舞台挨拶(丸の内TOEI)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.2.22、ついに映画「翔んで埼玉」が公開初日を迎えました。丸の内TOEIで行われた初日舞台挨拶に行ってきましたよ!

映画館の前が「翔んで埼玉」でいっぱいです!作品や俳優さんのファンの方々がたくさんいて写真を撮りまくっていて、上映前から既にお祭りムードでした♪

 

上映後舞台挨拶には、竹内監督はじめ、主演の二階堂ふみさん、GACKTさん、伊勢谷友介さん、そして京本政樹さんが登壇。

準備の整ったステージに最初に登場したのはなんと和服姿の京本さん!萌葱色の着流しと羽織で、半襟は朱色の非常に艶やかなお姿に客席の各所から悲鳴が上がっていました。ファンの方々からの「京さまー!」「マサキー!」というコールに笑顔で手を振ってらっしゃいましたが、

「マサキ様!って言われたの初めてですね(笑)」

というのがこの日の一言目。続いて登場した登壇者の方々も皆さん和服!二階堂ふみさんは、劇中で男性役ということで、男性物の紋付袴で登場しました。

進行のフジテレビアナウンサーの方が、一言ずつコメントを求め、順番に話していきますが、京本さんは、試写会の時にGACKTさんが「京本ワールドがすごい」と仰ったことを受け、

「また京本ワールドって言われちゃうから、、、ありがとうございました(ペコッ)」

と、終始控えめなコメントでしたが(笑)、他の方々のお話をにこやかに聞いていたり、時々メディアのカメラに向かって笑顔を作ったり、ピースをしたりと楽しそうでした♪

 

初日の上映後ということで、ようやくネタバレ解禁になりまして、出演者の皆さん各々が、印象に残っている場面や、キャラクター設定のお話をされました。

ここからは映画の内容に関する完全ネタバレを記述します。映画を観るまで知りたくない方は、映画鑑賞後に読まれることをお勧めします。)

 

 

大丈夫ですか?かなり重大なストーリーを書いちゃいますからね?それではいきます。

 

 

既に映画をご覧になった方はおわかりでしょうが、京本さん演じる埼玉デュークは、なんとGACKTさん演じる麻実麗の実の父親という設定!

「最初、監督から『GACKTさんの父親役を演じていただきたい』と言われた時は、『ボク、そんな歳じゃないんですけど。。。』と言ったんですよ。そしたら監督が『いえ、GACKTさんが高校生役なんです(笑)』と言われたんで、ああそういうことですかと納得しました(笑)」

と仰っていました。確かにこの設定はびっくり!また、撮影時に「同じジャンルじゃん?」とGACKTさんに言われたというのも頷けますよね。

個人的には麿赤兒さんとの関係に関してもお話を聞いてみたかったです(笑)

この日、進行役のアナウンサーさんが、GACKTさんと伊勢谷友介さんの○○シーンをしきりに気にしてらっしゃって、その話題が一番盛り上がっていましたね。確かに知っていても観るとすごくびっくりするシーンです(笑)

 

トークの後は、マスコミ向けフォトセッションがありましたが、京本さんが最初に埼玉ポーズをやろうとして、なぜかずっとDAIGOさんのウィッシュ(ともちょっと違う)みたいな不思議なポーズをしてるのが気になって仕方ありませんでした^^;(伝説の埼玉県人なのに!)でも最後は登壇者全員埼玉ポーズをバッチリ決めて撮影開始。

最後は真ん中のくす玉を、二階堂ふみさんとGACKTさんが二人で引っ張るのですが、なかなかタイミングが合わず、京本さんが小声で「せーの。。。」と声をかけてあげる優しい一面も♪

お客さんが「埼玉ー!」と言って、登壇者の皆さん全員で「出陣じゃー!」(GACKTさんのセリフ)と叫んで終了しました。

 

初日ということで楽しみにしていたパンフレットもゲットしましたが、京本さんのコメントや写真もたくさん出ていますよ!また、監督やキャラクターデザインの柘植伊佐夫さんによる裏話等もちょいちょい出てきますので、オススメです♪

昔からバンコランとよく言われている(笑)京本さんが、、、時代劇役者・京本政樹が40年の芸能生活で培った貫禄、演技、所作がふんだんに盛り込まれた伝説の埼玉県人・埼玉デュークの活躍はもちろん、魔夜峰央先生による未完の原作を存分に補完したオリジナルの展開、どんなアホなセリフや仕草も個性派俳優たちが大真面目に演じきってしまっている爽快感がたまらない映画です。何回観ても笑えます。特に、関東の地名等がわかる皆様は大爆笑だと思いますよ☆

埼玉や千葉の映画館では衣装展示も行われていますので、「翔んで埼玉」公式Twitter(@m_tondesaitama)をこまめにチェックしてくださいね!

Pagetop