俳優・シンガーソングライター京本政樹ファンサイト

音楽活動記録

ミュージシャン京本政樹・概略

中学生の頃からギター少年で、友人に借りた井上陽水のLPアルバム『氷の世界』に感銘を受け、作詞作曲を始める。
高校時代には友人とバンドを組み、ポプコンに出場するなど元々はミュージシャン志望であった。
バンド演奏のデモテープがレコード会社の目に留まり、音楽を学びに上京。後に俳優としてスカウトされ芸能界デビューするが、1984年、ビクターインヴィテーションから念願のアルバムデビュー。その中から、”I Can’t Say…”がシングルカットされ、自身がレギュラー出演するドラマ『京都マル秘指令 ザ・新選組』の主題歌に起用された。

以来、シンガーソングライターとして、アルバム・シングル共に10枚以上をリリース(ディスコグラフィ参照)、徐々にミュージシャンとしても人気を博し、渋谷公会堂、中野サンプラザ、日比谷野外音楽堂等で立て続けにライブを開催。
1985年には、『必殺仕事人V激闘編』の主題歌”女は海”を女優・鮎川いずみに提供し、同ドラマの劇中音楽を大谷和夫氏と共に担当するなど、20代の頃より音楽活動も積極的に行った。1987年にはレコード会社をポリドールに移籍するも、多忙な俳優業に専念するため、一度音楽活動を封印。芸能生活25周年にあたる2004年に記念アルバム『苦悩〜Peine〜』を発売し、音楽活動を再開した。
以降は度々ミュージシャンとしてのリリースやプロデュース活動を行い、さらには歌手・瀬戸つよしが”女は海”を、ジェロが”哀しみ色の…”をカバー。かつての自作曲が再びアーティストたちから注目を浴びるなど、ミュージシャンからの評価も高い。

曲調はフォーク、演歌、歌謡曲、ロックと幅広く、その、優しい歌詞や美しいメロディライン、枠にとらわれない数多くの楽曲に、老若男女問わずシンガーソングライター京本政樹のファンも多い。

音楽家としても本格的に活動を続ける”ミュージシャン京本政樹”の膨大なデータも是非ご覧下さい。

Album

2014/06/04
MASAKI KYOMOTO MUSIC WORKS[1984-2014] SINGER SONGWRITER 30TH ANNIVERSARY SPECIAL EDITION
ビクターエンタテインメント
2013/03/20
GOLDEN☆BEST Tokyo Blue~孤独な天使たち~
ビクターエンタテインメント
2005/11/23
僕が愛を伝えてゆく
Tricycle ENTERTAINMENT
2004/05/26
苦悩~Peine~
TBS R&Cレーベル
1998/12/23
LOVE IS ALL
KSS
1988/12/21
煌~十二星座の女達~
ポリドール
IMG_0517 (300x300)
1988/05/01
一億の恋
ポリドール
1987/11/01
太陽のかけら
ポリドール

IMG_0503 (300x300)

1987/11/01
少年たちの夜
ポリドール
IMG_0523 (300x300)
1987/06/21
ベスト・セレクション20
ビクターインビテーション

IMG_0490 (300x300)

1986/11/21
My present
ビクターインビテーション
IMG_0511 (300x300)
1986/08/21
虚飾のカサノバ
ビクターインビテーション
IMG_0496 (300x300)
1985/11/21
Party
ビクターインビテーション
IMG_0500 (300x300)
1985/06/21
翡翠の気持がわかる夜
ビクターインビテーション
1984/10/21
Temptation
ビクターインビテーション
1984/02/21
ラブレーの15分
ビクターインヴィテーション

Single

2015/04/01
Doubt
ビクターエンタテインメント
2006/02/08
優しい言葉
Tricycle ENTERTAINMENT
2006/02/08
ぼくはまだ恋をしてはいけない
Tricycle ENTERTAINMENT
2004/11/26
I LOVE YOU
Tricycle ENTERTAINMENT
2004/11/26
薄桜記(さくらうた)
Tricycle ENTERTAINMENT
2001/01/21
いとしくて・・・/冬色の街
ドリームワークス
IMG_0521 (300x300)
1997/04/25
まるで悲しみが雨のように口づける/かげろうの街II(冴木涼介名義)
キングレコード
1988/08/21
BLUE EYE’S MEMORY
ポリドール
1988/05/01
夢人形
ポリドール
1987/11/01
風のセーラ
ポリドール
1984/12/24
哀しみ色の…
ビクターインビテーション
1984/03/05
I Can’t Say…
ビクターインビテーション

Pagetop