俳優・シンガーソングライター京本政樹ファンサイト

CRぱちんこ必殺仕事人IV展示会

このエントリーをはてなブックマークに追加

10/26、「CRぱちんこ必殺仕事人IV」の展示会が両国国技館で行われました。私が行くのは初めてですが、相変わらず京楽さんのイベント規模でかいなあ。。
今回幸運にも抽選に当たり、京本ファンの皆様と両国へ。
業界向け?先に終わった前の展示会から帰ってきた方々が見えます。どこをどう見ても必殺の紙袋を持ってらっしゃいます。というわけで、あっちだ!と紙袋の集団を頼りに会場へ。
うわーーすごい行列。。というか、ほとんどの人が業界の方でしょうか。スーツを着た男性が大半なんですが。。。

うおおおおお!のぼりがいっぱいだあ!!!竜もいるー!!!



中に入ると、入り口のモニターで必殺の映像が流れています。おおっ!?おりくさんだ!!政!!しかも花屋!!そして加代と順之助だー!!!
なんと、、てっきり勇次とかが戻ってくるのか、それとも激闘編で壱・弐・参が出てくると思い込んでいたので意外性にびっくり。そうかぁおりくさんかー。
京楽のサイトで流れていた芸人さんたち+京さまの体験ムービーが流れてます。京本さんの声が流れた途端に、だっ!!と後ろを振り向く(笑)
ああもうすぐ生に会えるんだー。

最初に、見本の台がずらーーっとあって、自動的に動く新台をみんなで眺めます。ええ、枠が新しくなってる!!動くイラストも奥行きが出て、3Dになった??竜アニメは相変わらずまたなんかセクシーになっています。出陣の時に横髪が揺れるのが可愛いv
アニメ政が走ってきたー!あれ?声、村上さんじゃないのかなあ?
でも、アニメ政が仕事するとき、屋根の上からアニメ竜が降りてきて、
「待たしたな!」
って言うんだ。そして、二人で背中合わせ(アニメだけど/笑)になって仕事するんだよ!アニメキャラだけど何だかかっこいい!音楽ももちろん、必殺の名曲が流れます。で、今回から新しく、新台のためにあの平尾昌晃さんが書き下ろした新曲を演歌歌手のジェロさんが歌います!出だしの2小節は荒野の果てにのメロディですね。でもスピード感があって、もうすでに殺しのテーマに出来そうな感じ。かっこいい!

台が止まって、すぐにステージ前にぞろぞろ案内されました。
えっ、意外とステージ近い!丸テーブルの合間がめっちゃ空いていたので、いっていいのかなーと思っていると、アナウンスで「ステージ近くが空いていますので、どうぞ前のほうへ!」って言われたので、ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪と空いているステージ右のほうへ。あまり時間を置かずにイベントが始まりました。

まずは、台の紹介がモニターに映しだされて色々説明されます。
そしていよいよステージ上のイベントが開始!!

おなじみ、不穏なBGMが流れ、ステージ左上に出てきたのは、、次長課長河本くんだ!!(爆)
昨日都バスやってたばかりだったので爆笑してしまいました。しかも悪商人みたいな役。カツラはかぶっていません。そして、何故か?楽しんごさんが女物の着物を着ています。
河「おまえ、ネタやってみろ!」
楽「東幹久さんのモノマネをします!」
河「許さぬ!!!!」

というわけで(笑)刃物でメッタ刺しにされながら、「あ~気持ちいい~vv気持ちいい~vv」と気持ち良さそうに死んでいく楽しんご(爆)
でも「復讐してやる!!!」と言って死んでしまいます。

そこへ、、、



右上から、、、



組ひmえええええええええええええ




その着物!!!!!!!!!!!!



パチンコの中に出てくる、、、つまり、、、20数年前に竜が着ていた、、、本物の着物。゜゜(´□`。)°゜。



遅ればせながら説明致します。



お馴染みの金魚着物ではありません。ぱちんこ必殺のCMでも流れている、出陣シーンの黒地の肩にでっかい鈴の刺繍がしてある着物を、、、着てきたんですよ!!!!!半襟は銀です。帯も銀です。裏地は赤です。。。。草履も当時と同じ。。。。そして、、私的には、、




カツラが竜だー!!!。゜゜(´□`。)°゜。




前髪がね、ここ数年の「竜っぽいのと」は違うんです。このカツラが更に幼さを出していると言っても過言ではない。いつもは竜(45)とか竜(50)とかなんだと思うんですが、、今日の京本さんは、、竜(24)を忠実に再現していました。。京本政樹(52)が組紐屋の竜(24)を普通に再現しましたよ!!奇跡!!1985年の役を2011年にだよ??

そして、ちゃんとあの効果音で組紐を投げる竜。。。ステージ上に本当に鈴を投げると、素早く下にあった別の長い組紐を持って引っ張って、まるで編集したみたいにうまいことつながってるんですが、、その、組紐を持ち替えた時の身のこなしがホント素早くてかっこよかった。リアルに仕事人でしたよ!!

そして、組紐という名のワイヤー(笑)で高々と吊るされる河本くん(爆)
河「おい!助けてくれ!一緒に都バスのロケやってる仲じゃないか!!
竜「都バス。。。?」

今ここにいる京本さんは江戸時代の人なんだあ。
もうおかしくなりそうです。いや、なってます。
問答無用で悪商人河本くんを仕事する竜。

 

トークタイムになり、京本さんが組紐屋の竜の衣装の話などいろいろしてくれました。ファンならご存知この黒の着物、、年数にしてなんと28年前のものだそうです!!うえええなんだそれ!!!!!
また、殺された楽しんごさんが復活してきて、京本さんは、
「あれっ!しんごちゃん!?」
といい慣れた名前を呼んでいました。しんごちゃん違いです。もう、あっちの慎吾ちゃんは兄弟って呼ばれてるから、懐かしい呼び方ですね。
また、吊るされてた河本くんも復活。そしてその隣にはいつの間にか相方の井上さんも(笑)
楽しんごちゃんは京本さんを、んも~~かっこいい~~vvvと腰に抱きついていましたが、そのときの京本さんが、ものすごい後ずさりしていました(爆)
でもさりげに「東幹久さん」とかふってあげてたな。
京本さん、河本くん、楽しんごちゃんの3ショットを作ってわざと京本さんという名の竜さんは
「これ柳沢慎吾絶対嫉妬するだろ(笑)」
と悪魔的な微笑みを浮かべていました。どんだけ慎吾ちゃんのことばっかり考えてるんだ。

井上くんは「おしぼりのイノ」だっけな。適当な仕事人ネームを考えていて、それに対して竜さんは
「おしぼりでどうやって殺すんだよ(笑)」
と突っ込んでいました。
その問いに井上くんは「拭き殺す!」とか答えてました(爆)

河本くんはやっぱり都バスの話になって、竜さんは
京「俺、自慢じゃないけどね。。。」
河「。。。。。。(無反応)」
京「じまんじゃな・い・け・ど・ね!」
河「自慢じゃないけどなんなんですか!」
京「いつもみたいに突っ込んでこいよー」
河「自慢じゃないけど何!って言ってくれなきゃ突っ込めないじゃないですか!」
京「またまたーーvvv」
みたいな、都バスコントでした。完全に。でも見た目は竜なんだよ!私はポカーンとしました。

そして、「もう一人仕事人がゲストに来ています!」
と言われて登場したのは「歌い屋のジェロ」(ジェロも殺し屋なんか!)
平尾先生書下ろしの新曲「夜明けの空」を生で熱唱。うおお、、歌うますぎ。。。といいながら、隣の竜さんを見てみると、ジェロの歌を真剣に聴きながら、足とか指先でリズムをとっていました♪
歌い終わり、ジェロもトークに加わります。ジェロのお母さんは時代劇が大好きだそうなのですごく喜んでいたそうです。京本さんが隣にいますよ!と司会のお姉さんがいうと、ジェロは竜様をガン見していました。(白いなあ。。。。)って思ったんでしょうか。

京本さんは歌を聴いて
「必殺ファンが求めていたのは、平尾先生の新曲だと思うんですよ。本当に必殺らしい曲で、素晴らしいと思います!(新曲が出るのが来年1/1なので)今年はもう間に合わないですが、是非来年の紅白を狙っていただいて、それで僕たちが応援に出るというね」
とジェロとがっしり握手してました。NHKで生竜とかいいな!!ジェロさんがんばって実現させてください!!
あ、そうそう。歌になるときかな?暗転したとき、横に掃けた京本さんに同じく移動した楽しんごちゃんが、深々とお辞儀をしていました。
藤田まことさんは生前「京楽さんには感謝してるでー」みたいによく仰ってたそうです。藤田さんが生きてらっしゃったら、きっとこういうイベントも率先して来られただろうと。

「恐縮ですが、藤田さんの代わりにきました。他の仕事人の方々もいらっしゃいますが、おこがましくも、僕が代表でお礼を言わせていただきます。あとは、日本の景気をよくしましょう」

みたいなことも仰ってましたね。

そして最後、司会のお姉さんが「京本さんに“がんばろう!”と言っていただいて、皆さんに“パチンコー!”と言っていただきます」と、京本さんがまずこぶしを振り上げながら「がんばろうー!!」と言ったとき、、森田健作みたいだと思いました。がんばろうー!千葉!!みたいな。
そして、京本さんは真っ先に後ろに下がり、深々とお辞儀をして颯爽と帰っていきました。その帰るときも、和服姿だから背筋が伸びていてスタスタスタと早歩きで、目の前を毅然と見て歩いていくのが、本当に出陣みたいだったんです。暗転したステージを後にする横顔のシルエットが、あの再現された若い時の前髪が(そればっかりか)。もう完璧なまでに“組紐屋の竜”でした。
厳密には変わっているのですが、あまりにも変わらなさすぎて、まるで28年前の舞台を、タイムスリップして生で見ているような、そんな錯覚に陥りました。すごいなあ。。。
今日を記念の日として一生記憶しておきます。
私の初恋のキャラクターです。。。幼い時にたまたま夜遅くテレビをつけて見たあの屋根の上のあの人形のようなお兄さんに、、、、また会えた。。。そんな特別な気分です。思い出を現実に見せてくださり、京本さん、本当にありがとうございました!!!!

 

Reported by:竜歌

Pagetop