俳優・シンガーソングライター京本政樹ファンサイト

京本政樹 レビュージャパネスク in 大阪新歌舞伎座

このエントリーをはてなブックマークに追加
初日(30日)の一部と楽日(31日)の2部に行きました!! 2日間なので「初日と思ったらもう楽日」と名付けたのは京本さんだよ~ん(爆)

いったいどんな舞台が始まるのか見当も付かぬまま彼の登場を待ちます。ドキドキ・・・・レザー光線に見惚れている内、花道のセリが上がり『レビュージャパネスク』のポスターと同じ歌舞伎姿で現れた京本政樹さん。長台詞を何時もより高いトーンの声で一気に読み上げる。
長くてあまり憶えていないのですが…自分の事を「浪速生まれの~(中略)チャーミング(後略)・・・・」と言って笑いも取っていました。流石に京本政樹と言えども関西人、お笑いは切り離せまへん♪
そのままのお姿でジャパネスク調に編曲された『ファッショナブルスキャンダル』『指先かむよなジェラシー』等々を、見得をきったり歩き方も歌舞伎チックで唄います。不思議と違和感が無いのは京本さんの持つ雰囲気がそうさせるのだろうか!?

最初のお色直し・・・この間、舞台上のスクリーンにレコードジャケットや未発表の写真が映し出され掴んだハートは逃がさ無い。
黒に金の刺繍も鮮やかな袖の無い衣装(裃っぽい)で再び登場の京本さんは男と女を使い分けての一人芝居。女形での台詞「男と女の別れなんて10割る3で割り切れなくて割っても割っても1余る…」が私のお気に入り。
『I Can’t Let You Go』等を唄い「ロックしようぜェ~~!!」の京本さんの一言で会場は総立ち。新歌舞伎座はあのロックコンサートを彷彿させる勢いで揺れたのでした。バックバンド”舞”も隈取りメークです。

2度目のお色直し・・・今度はスクリーンに野音の様子が映し出されます(野音は東京日比谷野外~と京都円山野外~で行われたロックコンサート)
『ひと夜花’86』で花道を走っての登場(キャーッ~~♪) スパンコールを全体に散りばめたロングのミリタリールックでまた一人芝居。
雷鳴が響き「お前に惚れた…お前が欲しい~~~!!」と絶叫。男っぽい京本さん。私は貴方が欲しいわよ~なんて思うだけで言えません(^^ゞ
歌は『セプテンバーナイツ』『涙のシルエット』等々

3度目のお色直し・・・スクリーンにはこの日の為に撮影されたお約束の女形。モデル小夜子姫っぽい京本さん。それはもう~妖しく美しく言葉では言い尽くせません。ただただ会場からはため息の渦。。。。。。
そんな中、横笛の音が流れる舞台中央のセリから、純白の着流しに下し髪の京本さん。口に赤いバラを銜えて登場。レザー光線が光る。
思わず【待ってました!!京本家!!】の掛け声が客席からかかるほど・・・息をもつかせぬハイスピードの素晴らしい殺陣。鋭い目力には悪人もタジタジ。何をしてもサマになる人だねぇ~~(*^_^*)

最後のお色直し・・・その間バックバンド”舞”による演奏。
いよいよ大詰めです!メッシュのタンクトップにシルバーラメのブラウス、白パンツ姿の京本さんが花道を走って登場すると、もう会場は最高潮。
京本さんの透き通る様な白い肌に汗が一筋…二筋…『AMBIVALENCE』に始まって『Still in Love』を最後に幕は静かに下りた。

どこからとも無く「マサキ!」「アンコール!」の声。。。それに答えて再び舞台に現れた京本さんは、故大川橋蔵さんの思い出や今回舞台をする為にいろいろな方にお世話になった事etc~を話されました。
お世話になった~と言えば…坂東英二さん、鶴瓶師匠、鮎川いずみさん~
ゲストも多彩で盛り上げて下さいましたよ(^_^)v 
鮎川さんはスクリーン映像でナレーションにも参加でした。
花束を持って駆けつけた鮎川さんがコメントをされている間、
照れている京本さんが弟?の様に見えました。だって可愛い
すぎるんだもん♪
話がそれましたが・・・アンコールは『Keep On Dreaming』
ファンも京本さんも心一ツになって熱唱。2日間の舞台が無事
終了したのでした!!

「僕ならではのショーをお観せします」と約束して下さった通り
京本政樹にしか出せない魅力たっぷり・・・・
レザー光線あり、コンピューター音楽を使っての”歌舞伎ロック”
(今更ですが、考えれば音楽も舞台も時代の先駆者です) 
【夢追人京本政樹独特の世界】を充分に堪能、楽しませて
頂きました。友達とジャパネスクのチラシで内輪や
ポストカードを作ったり~と思い出も一杯です!
ありがとう♪京本さん。本当にありがとう・・・・

Pagetop