俳優・シンガーソングライター京本政樹ファンサイト

フジテレビ・月曜ドラマランド「ねらわれた学園」

このエントリーをはてなブックマークに追加

1987年1月26日に月曜ドラマランドで放送されたテレビドラマ

スタッフ

演出:萩原鐵太郎
原作:眉村卓
脚本:奥村俊雄
プロデューサー:上木則安、森田要

キャスト

新田恵利、京本政樹
藤代美奈子、津川俊之
結城美栄子、榊原旭

解説

月曜ドラマランドという番組枠で放映された、眉村卓の同名小説のドラマです。
映画化もされているこの作品は、超能力を題材とした学園SFモノと言ってもいいかと思います。

この話は新田恵利演じる女子高生、楠本和美が通う学園に転校してきて生徒会長となった、高見沢みちるの超能力による高圧的な支配と、それに抵抗する楠本かずみとその幼馴染、関耕児ら、友人の活躍が物語の主軸となっています。
普通の平凡な少女だった楠本和美は幼馴染である関耕児への恋心の為か、あるいは自身や身近な者を危難から守ろうとする防衛本能の為か、芽生えた超能力によって、やはり超能力者である高見沢と対峙し、最終的にはそれを退け、平和な学生生活を取り戻す所で物語は終わります。

この作品で京本氏は、高見沢を操り、学園の支配を企む、京極博士を演じています。

neraware

京極博士は実は現代文明の行く末を憂え、未来を守る為に現代文明を変えようと未来文明からやってきた未来人なのですが、その深い憂慮を抱える京極博士を、京本氏が憂いを湛えた表情で演じています。
現代に生きる人間に残酷なほどに冷酷な態度で接する京極博士ですが、その冷ややかな態度の裏には未来文明への 危惧と、現代の人間への深刻な絶望が潜んでいるように思えます。
人工的に見えるほど色白のメイクを施している京本氏が整っている顔立ちだけに、どこか非人間的な美しさを醸し出していて、その儚げにも映る繊細な外見と共に、京極が未来人という非現実的な設定にリアリティを与えてくれているように思えます。
超能力を使っている場面など、当時の映像技術の為、子供だましな感を拭えませんが、現代文明が未来に及ぼす危惧は今も繰り返し題材とする作品も多く、考えさせられる部分も多くあるように思える作品です。

文:水無月涼音

Pagetop