俳優・シンガーソングライター京本政樹ファンサイト

日本テレビ「27才・LOVE気分」

このエントリーをはてなブックマークに追加

1988年1月6日〜3月23日に日本テレビ系列で放送された連続ドラマ
毎週水曜22:00〜22:51(全12回)

スタッフ

制作:中島忠史
プロデューサー:平林邦介
脚本:岩間芳樹
音楽:大谷和夫
演出:田中知己、吉野洋、佐藤東弥

キャスト

りり子:岸本加世子
りり子の父:長門裕之
浩一:三浦洋一
弥生:片平なぎさ
悦子:斉藤慶子
定代:熊谷真実
譲治:川野太郎
岩崎守:京本政樹
日比野:地井武男

解説

27才という微妙な年齢で揺れ動く女性6人が、それぞれの幸福を求め、泣き笑う姿を描いた作品。高校時代からの親友6人衆に岸本加世子、斉藤慶子、片平なぎさ、田中美佐子、熊谷真美、蜷川有紀の豪華女優陣を配し、共演を三浦浩一、清水宏次郎といった個性派男優で固めたこのドラマ、岸本加世子を中心に繰り広げられる、様々な人間模様の面白さが魅力でした。
京本さんは途中、第七回から3話ほど、岩崎 守という今をときめく話題の敏腕編集長という役どころで出演されました。

パリッとダーク系のスーツを着こなし、何とかコメントや原稿を取ろうと群がる女性担当者陣を颯爽とあしらう姿はどこから見ても、いわゆる仕事ができるヤツ。けれども、決して冷たい感じではなく、端正な顔立ちにはちょっと大き目の眼鏡姿と相まってどことなくチャーミングで柔らかな印象を与えます。
ゲスト出演的な役の為、あまり出番は多くなかったのですが、劇中、岩崎氏が『今話題の彼』として取り上げたサッカー界のアイドル(笑)元・日本代表の武田修宏(当時は読売クラブ)氏との貴重なツーショットは、是非一度は拝んでおきたいところです。

また、デビュー作以来の共演となった岸本加世子さんとのやりとりに、京本さんの確かな成長ぶりを伺えるのも嬉しい見どころです。

文:紫苑

Pagetop