俳優・シンガーソングライター京本政樹ファンサイト

日本テレビ「聖龍伝説」第9話

このエントリーをはてなブックマークに追加

1996年12月14日に日本テレビで放送された連続ドラマ
第9話「母の決闘!甦る記憶の秘密!!世紀末最後の死」

スタッフ

演出:細野英延、猪俣隆一
脚本:大石哲也、羽原大介
音楽:?島邦明
ファイティングコーディネイト:佐々木修平
劇中題字:片岡鶴太郎
チーフプロデューサー – 小杉善信

キャスト

冴木聖羅/幻龍拳影の総統・藍羅:安達祐実
速水麗一:鳥羽潤
幻龍拳総統・王将鬼:長谷川初範
仙道大作:ケイン・コスギ
速水小夜子:宮田早苗
リー:京本政樹(ゲスト・友情出演)

解説

世界最強の中国拳法聖龍拳とそれに取って代わろうとする邪悪な幻龍拳。
聖龍拳の継承者・聖羅(安達祐実)が持つという、秘法「天使の涙」を手に入れようと、幻龍拳側が毎回差し向ける刺客との死闘を軸に、 行方不明となった聖羅の母探し、秘宝「天使の涙」を巡る謎解き、更には真の黒幕は誰か?を絡めた、ロールプレイングゲーム仕立てのミステリー拳法アクションドラマ。
あの『家なき子』以上に先の読めない展開と、 『家なき子2』を彷彿させる、榎本加奈子さんvs安達さん対決、 千葉真一、佐竹雅昭、羽賀研二etc.毎回豪華なゲストが話題になりました。

京本さんは、最終回直前の第9巻に安達祐実さんへの友情、ということでゲスト出演されました。

遂に天使の涙への鍵となる水晶5個を我が物にした幻龍拳総統・王(長谷川初範)。だが、水晶だけでは秘宝の謎は解けないと知った王は、息子・麗一(鳥羽潤)を餌に妻であった小夜子に聖羅母子の居場所を知らせるよう命じる。 思い余った小夜子は、自ら刺し違える覚悟でかつて想いを寄せてくれた、幻龍拳?2的存在でもあった、李に協力を求める。だが、その動きは既に王に察知されていたのだった。
一方、聖羅から水晶を奪い裏切ったかに見えた老師(片岡鶴太郎)は、その企みが王に露見し、深手を負う。聖羅の腕の中、自らの過去、真意を告げ、王を倒せと言い残し息を引き取った直後、王の手下が現れ捕らわれの身となる聖羅。 間一髪、麗一の働きで助かった聖羅の母・聖華(五十嵐淳子)は、すべての記憶を取り戻し、聖羅を救うため、王のもとに駆けつけたのだが……。

この作品で京本さんが演じたのは、かつては王を倒そうという野望に燃えた幻龍拳士・李。小夜子を巡る争いに敗れ、その野望も10年前に捨てたはずが、小夜子のたっての願いにより、再びその闘志に火がつきます。
土管の山をバックにあの健康師・ダンを彷彿させる、黒いチャイナ服に身を包み、「始めから私の愛を選んでくださればよかったのに……」と訴える静かな怒りを湛えた目の切なさが、何とも京本さんらしいです。
かなりカッコよく登場した割に、実はあっさりやられてしまう李。折角の出演なんだから、もうちょっと格闘シーンを見せてよ〜と言いたいのですが、京本さんに限らず”ゲスト刺客は常にすぐに殺られる!”というのがこのドラマの特徴でもあるので(笑)我慢です。 ここは素直に王に刺された瞬間の表情の絶妙さ、死に顔の美しさを堪能してください。個人的には、車から引き摺り下ろされた直後の、屈辱的な表情もかなりお薦めです。

と、京本さんの出演時間は5分足らずですが、内容の強烈さや意外なまでに豪華な出演者など、京本さん以外でもかなり楽しめます。特に、 王役の長谷川初範さんの迫力溢れる見事な悪役ぶりは、一見の価値アリ!です。

文:紫苑

Pagetop