俳優・シンガーソングライター京本政樹ファンサイト

テレビ朝日「京都の芸者弁護士(3) 三方五湖、悪魔の逆転殺人!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1999年9月18日にテレビ朝日、土曜ワイド劇場で放送された2時間サスペンスドラマ

スタッフ

原作:和久峻三「芸者弁護士 藤波清香の事件シリーズ」 脚本:保利吉紀
監督:松本明

キャスト

藤波清香:涼風真世
冬木多喜男:火野正平
小倉良平:名高達男(友情出演)
津村優介:京本政樹(友情出演)
ほか

解説

京都の売れっ子芸者の顔を持つ弁護士・藤波清香が公判を通じ、女性ならではの鋭い視点から殺人事件の謎を解決するシリーズ第三弾。
原作は、京本さんもその昔艶やかな女装姿を披露した『仮面法廷』でもお馴染み、法廷小説の第一人者・和久峻三氏の『芸者弁護士 藤波清香の事件シリーズ』です。


藤波清香は同棲中のカメラマンの恋人・冬木多喜男(火野正平)、息子・公平(平井亮裕)とともに遊びに来ていた三方五湖で中年の男が連れの男性に大岩を落とそうとしている場面を目撃。
幸い未遂に終わるが、偶然その場面を撮影した多喜男は、現像した写真から明らかな殺意を感じ取る。
数日後、京都のエフエヌ化学研究所で副所長の中島信吾(南條豊)が会議中に倒れ、そのまま亡くなる事件が発生。中島の体内からヒ素が検出されたことから、殺人事件と睨んだ警察は、 事故当日お茶だしを行った、秘書の山岡加奈江(三田篤子)に容疑の目を向け、バッグからヒ素が出てきたため決定的な証拠として逮捕する。
加奈江の弁護を担当することになった清香は、研究所の売却を巡り所長の藤沢(頭師孝雄)と殺された中島が対立していたこと、中島には街金に 多額の借金があり、返済を迫られていたこと、そして加奈江と藤沢がこの秋に結婚を控えていたことを知る。
更に、ニュースで事件を知った多喜男より、三方五湖で岩を落とそうとしていた男性が中島、その相手が藤沢だったことが明らかになる。

一方、清香の元夫で京都地検検事の小倉良平(名高達男)は、加奈江の犯行を立件するべく、研究所に出入りしていた経営コンサルタントの津村優介(京本政樹)に協力を求める。
互いに決定打を掴めないまま公判が始まる中、中島に返済を迫っていた街金会社社長・遠田守が、何者かに川に突き落とされ死亡する事件が発生。
事件当日、中島の妻・尚子(西崎緑)から 1千万円を受け取った遠田だったが、事件現場からはその1千万円も消えていた。
そんな折、清香は芸者としての仕事先で津村が清水部長(佐川満男)に研究所の売却を薦める場面に遭遇。多喜男の協力を得、翌日から津村の行動を見張るうち、 津村が研究所買収のため、中島の親戚でもある職員の浅田圭子(海野けい子)を使い清水を陥落させる計画を立てていることを知る。津村の計画通り、清水に接近していく圭子だったが・・・。


あの必殺!でお馴染みのABCと松竹京都映画製作のこのシリーズ。撮影、照明、脚本、プロデューサーなどスタッフの多くにお馴染みの方々が名前を連ねます。
そんな苦楽を供にしたスタッフの方々への友情出演という形で参加した京本さんが演じたのは、 経営コンサルタント・津村優介。
初登場時の黒のジャケットにエンジのシャツと派手なネクタイ、といういでたちが象徴するように、経営コンサルタントと言ってもお堅いというよりは、 かなりヤバそうな雰囲気をぷんぷんと漂わせ、我が身の利益のためには手段を選ばない、かなりしたたかな自信家です。
京都弁のはんなり柔らかな口調で、如才のない美しさと怪しさを振りまきつつ、実はえげつないことを口にする津村さん。役柄自体は、2時間ドラマではすっかりお馴染みの役どころですが、この津村さんは言動の端々に見え隠れする、女なんてチョロイもんさ的な いやらしいまでの自信家ぶりに、ほんのりと助平親父的な要素も匂わせているのが新鮮な特徴です。
特に芸を終えた芸奴さんを手招きながら「よかったよ〜」という口調の色っぽい親父臭さは必見。
もちろん、京本さんならではの細かな仕草と表情の豊かさも健在です。
クライマックスの法廷のシーンでは、皆が緊張した体勢の中、1人すかした表情の余裕の態度で斜に構える姿が 実に様になっています。そんな彼が、一度だけ驚きの表情を浮かべる一瞬もお見逃しなく。

また、京都が舞台ならではの必殺!スタッフの遊び心か、竜さんが仕事をした某有名な川など、必殺!ファンには随所に見覚えのある場所が登場するのも密かな見どころです。

文:紫苑

Pagetop