俳優・シンガーソングライター京本政樹ファンサイト

テレビ朝日「江戸川乱歩の 十字路」

このエントリーをはてなブックマークに追加

1998年9月19日に土曜ワイド劇場で放送されたサスペンスドラマ

スタッフ

原作:江戸川乱歩「十字路」
脚本:中園健司
監督:高坂勉
プロデューサー:森山浩一、阿部謙三

キャスト

伊勢省吾:風間杜夫
沖晴美:芳本美代子
相馬良介・南探偵(二役):京本政樹
相馬芳江:中山忍
伊勢友子:深浦加奈子
真下幸彦:池田成志
田中倉三:麿赤児
滝沢事務次官:平泉成
花田警部:谷啓
ほか(敬称略)

あらすじ

開発庁局長の伊勢省吾は、次期事務次官候補のエリート官僚。
伊勢は新興宗教の狂信的信者である妻の友子と離婚して、愛人の沖晴美と再婚しようとしていた。
ある日晴美のマンションで密会していると、常軌を逸した様子の友子が突然押しかけて来てナイフを振りかざし襲い掛かる。
殺されそうになった伊勢を助けようとした晴美が花瓶で頭を殴りつけると、友子はそのまま絶命してしまった。
伊勢は数日後にダムの底に沈む生まれ故郷の村の古井戸に死体を隠そうと考え、深夜車で村に向かった。
その途中新宿の十字路で交通事故に合い警察の事情聴取を受ける。
何とか示談に持ち込み再び村に向かう伊勢だったが、途中で後部座席に見知らぬ男の死体がある事に気付く。
驚く伊勢だったが、男の死体も友子と一緒に古井戸に隠す他方法は見つからなかった。
後日、伊勢は自らが古井戸に投げ込んだ筈の男に瓜二つの男と偶然出会い動揺してしまう。
その男とは探偵の南で、相馬芳江から居なくなった兄・良介の捜索を依頼されていた。
南は面識が無い伊勢が自分の顔を見て動揺した事を不審に思い伊勢の周りを調べ始める。
完全犯罪を目論んだ伊勢の計画に少しずつ綻びが生じようとしていた・・・

京本ファン的みどころ

京本さんは二役演じられましたが、どちらも物語に欠かせない重要な人物です。
一人はカメラマンの相馬良介。帽子を目深に被り髭を蓄えた姿で登場するのですが、
京本さんのイメージとあまりにかけ離れた印象で驚いた記憶があります。

jyujiro

良介は古井戸に投げ込まれるという不運な男ですが、その○体が(無精髭があるというのに)少年の様な美しさなのです。ありえません;;
もう一人は探偵の南。黒のトレンチコートを翻し歩く姿は言うまでも無くカッコいい!!
この作品では一人で二役を見事に演じ分けた京本さんの演技力が光っています。
完全ネタバレとなりますが、この作品の凄い所は京本さん演じる良介と南、どちらも殺されてしまうという点です。
サスペンスでは殺される役を何度か演じられている京本さんですが、劇中で二度もその姿を見られる事は貴重だと思います。是非一度は見ておきたい作品です!
物語も主人公がじわじわと追い詰められていく様子が見る者に緊張感を与え、最後まで目が離せません。

文:咲
絵:だんな

Pagetop